チェリスト・中島杏子が映像作家・長沼里奈の映像に共感してスタートした企画。
クラシック音楽や映像文化をもっと身近に感じて欲しいという目的で毎回異なるテーマのもと、クラシック演奏に映像演出という実験的な試みを加えながら音楽と映像の可能性を探る。

 

変奏曲とは

テーマとなる主題を何通りにも変化させてバリエーションを組みひとまとめにした楽曲のことである。有名な変奏曲にはモーツァルトの『キラキラ星変奏曲』バッハの『ゴルドベルク変奏曲』などがある。
今回は、変奏曲の主題(変わらないもの)と変奏(かわり続けるもの)の共存に焦点をあてる。『変奏曲』をひとりの女になぞらえ演奏者である中島杏子を「ある女チェリスト」とし多面的な女の姿とその心情を映像や舞台演出とインスタレーションで構成し、視覚と聴覚でたどる。また当日の演奏曲目は『靨(えくぼ)』は作曲家のアベタカヒロ氏のが本公演のために書き下ろす。

 

ストーリー

その女は毎夜ステージでチェロを弾いている。
与えられた曲を一遍のストーリーのように己と化した楽器を使って表現する。
女はできるだけその主人公を愛し、自分をあらゆる感情に置き換えて彼らの人生をなぞる。その瞬間ステージ上で女は言葉に出来ない高揚感で満たされる。

しかしそれは決して女本人が、その実体がつかむ感覚ではない。
ステージを降りるとあくまでも現実であり悲しいほど変わらぬ自分がそこにはある。一方で変わることのない自分に対して安堵する気持ちもあった。

ある夜、演奏中の女の感覚の中に自分ではない恐ろしい何かが押し寄せる瞬間があった。
それはもうひとりの闇の自分が女をどこかへ連れて行こうとするようであった。
ステージ上で光の万華鏡のように変化していく自分、守りたい現実の変わらぬ自分、別の力で変えようとする自分。そのどれもがやはり女である。

 

中島杏子

 

中島杏子

東京芸術大学卒業。チェロを川崎昌子、河野文昭、北本秀樹の各氏に師事。第4回KOBE国際学生音楽コンクール奨励賞、第10 回札幌ジュニアチェロコン クール優秀賞、および山藤賞受賞。在学中,トリトン・アーツ・ネットワーク主催『若手演奏家のためのアドヴェントセミナー&クリスマスコンサート』、 '03 別府アルゲリッチ音楽祭, PMF(パシフィックミュージックフェスティバル)'03,'04 などの音楽祭に参加。2004 年10 月〜11 月東京天王洲アイルにて『ナインthe Musical』にストリングスとして参加。2008年10月よりドイツ・ケルン音楽大学アーヘン校修士課程在籍、ラウレンティウ・スバルツィア氏に師事。あんず音楽堂主宰。

http://nakajimakyoko.com

長沼里奈

 

長沼里奈

札幌を拠点に活動する映画制作団体『映蔵庫』を主宰。 代表作『丹青な庭』(02)は映画発祥の地、南フランスのリヨンにて開催されたAsian Cinema & Culture Festival 2002 正式出品、 ゲストとして渡仏。独特の色彩感で描く世界観を活かしライブや舞台の映像演出、また写真とコラボレーションしたインスタレーションなども展開。『まぶしい嘘』(07)は函館港イルミナシオン映画祭2008正式出品。映画にちなんだシチュエーションや独自の演出の中で行う上映スタイルは定評で、札幌芸術の森でのプレミア上映や「さっぽろ映画祭2008×映蔵庫」として映画祭とのコラボレーションも行っている。 近年ではテレビドラマやミュージックビデオなども手がけている。

 http://www.eizoko.com

 

アベタカヒロ

1980年神奈川県生まれ。東京芸術大学作曲科在学中から様々な音楽に触れ、意欲的に作曲、編曲活動を行う。2007年、宇崎竜童の作曲による横須賀市制100周年記念曲「風を感じる街〜yokosuka』のオーケストラ版アレンジを担当。2009年にはキングレコードより「さよならの手をふる前に」を発表し、作曲家としてデビュー。同年にはペギー葉山へ「祈り」を楽曲提供。この曲は「ペギー葉山2010 ベストセレクション」にも収録されている。

詳細

日時

2011年6月18日(土)・19日(日)

18日 開場18:00 / 開演20:00    19日 開場18:00 / 開演20:00

場所 円山夜想(マルヤマノクターン)
札幌市中央区南1条西24丁目1-10 ザ・ヴィンテージ24 ビル B1F
料金 前売2,000円 / 当日2,500円
※会場の都合上、前売券をお求めのお客様優先となります。
取り扱い

前売チケットは全て完売いたしました。
当日チケットについては円山夜想(TEL:011-623-0666)迄お問い合わせください。

問合せ info@eizoko.com
主催 あんず音楽堂 / 映蔵庫

※18:00〜19:30迄ディナータイムとなります。開演前にお食事をお楽しみいただけます。詳しくは円山夜想へ。(TEL : 011-623-0666)

ホーム